画像
カーエアコン修理の流れ

title

カーエアコン修理についての作業の流れを説明致します。

 1.ご来店して頂きお客様のお車を点検させて頂きます。

・お客様のお車の状態を確認する為、ご入庫時に車両を点検させて頂きます。

ご入庫時すぐにエアコンガスの漏れや部品の故障等による確認が出来れば、先にお見積りさせて頂きます。
部品の入荷時期もありますので、お客様のご都合に合わせお預かりするか改めて部品入荷後に再入庫して頂くかご相談させて頂いております。


※修理預かりの間、代車も複数台ご用意させて頂いておりますが、貸出状況によりご利用できない場合があります

 2.直ぐに原因が分からない、又は直ぐに原因箇所が特定できない場合

・お車のエアコンガス充填量等を点検します。
点検の結果、ガス漏れが原因でエアコン機能が低下もしくは不能になっている場合。


エアコンガスの漏れ量が微量な場合、漏れ箇所を特定するのは容易ではありません。
その場合は一旦エアコンガス補充と同時にエアコンガス漏れ検知剤を補充させて頂きます。
これは紫外線ランプで照射すると蛍光色に光る溶剤で、エアコンガスと一緒に漏れた個所に付着しますので、ごく微量でも発見する事が出来ます。



※ガス漏れではなく、エアコン部品の故障でエアコン機能が低下もしくは不能になっている場合。

エアコンガスは問題なく充填されているのにエアコンが効かない場合は、部品の故障もしくは制御関係の不具合が考えられますので、車両をお預かりしての作業になります。

 3.ガス漏れが原因の場合は、蛍光剤とエアコンガスの補充をさせて頂いた状態で一旦使用して頂きます。

エアコンガス量不足でエアコンが効かない場合はエアコンガスを補充する事で使用する事が出来ますので、一旦この状態でエアコンが再び効かなくなる迄ご使用頂き、効かなくなった時点で再度ご入庫頂きます。
※再度ご入庫頂く迄エアコンガスと漏れ検知剤を補充いたしますので、エアコンガス補充料金(補充料金3000円税別~。補充量により異なります)とガス漏れ検知剤(1500円税別)の費用が必要になります。

ご注意‼※その間蛍光検知剤の跡が分かりにくくなる為エンジンルーム等の洗浄はしないで下さい。

エアコンが再び効かなくなったら再入庫して頂きます。

 エアコンが再び効かなくなったら再入庫して頂きます。

再入庫して頂き、紫外線照射ランプにて漏れ箇所を確認します
左図の様な感じで漏れ箇所が確認出来ましたら、その個所の修理を行います。
修理を行う前にはお見積りをさせて頂き作業開始の確認をさせて頂いてからの作業になります。

修理等で不安な場合はお気軽にご相談下さい。

 当社のエアコン修理にはスナップオン社製のマシンを使用します

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!