画像
スズキ キャリートラック クラッチ交換

  • HOME
  • 修理
  • スズキ キャリートラック クラッチ交換

title

クラッチが重く、ギヤが入らないということで入庫

クラッチを脱着し、点検しました。

 クラッチを脱着し、点検しました。

クラッチが入らないという事で入庫されました。
前々から伝えてはいたんですがとうとう入院となりました。

クラッチカバー拡大図

 クラッチカバー拡大図

クラッチスプリングの中央部分が削れてしまっています。

クラッチディスク

 クラッチディスク

ディスクのフェーシング部分。
通常くぼみの中にあるリベット迄削れて顔を出しています。

パイロットベアリング

 パイロットベアリング

錆び錆びのバラバラでご臨終です。

クラッチワイヤー

 クラッチワイヤー

クラッチワイヤーも新品に交換する事で踏力もかなり変わります。
交換後はビックリするくらい軽くなりました。

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!