画像
キャリーダンプ シフトが入りにくい

  • HOME
  • 修理
  • キャリーダンプ シフトが入りにくい

title

シフトが入りにくいという事で入庫されました。

ミッションを脱着

 ミッションを脱着

音鳴りの原因のミッションを脱着し、クラッチ部分を点検するとカバーがこういう状態に。

レリーズベアリングもバラバラ状態

 レリーズベアリングもバラバラ状態

ミッションを脱着したとたんベアリングがバラバラと落ちてきました。
今回交換した部品は下記の通りです。

・クラッチカバー
・クラッチディスク
・クラッチレリーズベアリング
・パイロットベアリング
・ミッションオイル
ミッションからの音鳴りはミッションオイルの不足のようで、全量交換して規定量入れると音も和らいだ。


エンジンのリヤシールは問題なかったので今回は交換無し。
仕事で使用している軽トラックによく見られる修理です。仕事でしようと云う事でなかなか修理に出す機会が少なく、ついついという感じで使用している内にこの様になる事が多い。
当店でもクラッチとエンジンの焼き付きが何度かあるが、定期的な点検とこまめにオイル交換をしていれば防げる修理なだけに非常に残念に思う。
入庫状況によっては出張でオイル交換も伺いますので定期的な交換をお勧め致します。

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!